レトロ感満載!鶯谷の豆富料理「笹乃雪」

画像:笹乃雪

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13003751/

300年以上の歴史がある老舗豆腐料亭

鶯谷にある「豆富料理 笹乃雪」は、創業から320年もの歴史がある老舗の料亭です。東京都台東区根岸に位置しており、JR山手線及び京浜東北線の鶯谷駅から徒歩3分のところにあります。豆腐料理をメインとしており、懐石料理・会席料理・湯葉料理などを提供しています。
「豆富料理 笹乃雪」の初代の主人である玉屋忠兵衛は、元禄時代に江戸で初めて絹ごし豆腐を作った人物でもあります。当時は木綿豆腐しかありませんでしたが、滑らかな食感の絹ごし豆腐が登場するやいなや瞬く間に人気となりました。笹の上に積もった雪のようだと絶賛されたため笹乃雪という名前が付けられたと言われています。
「豆富料理 笹乃雪」では、当時と同じ製法で現在まで豆腐を作り続けてきました。井戸水とにがりを使用してつくる豆腐は、昔ながらの上品な味わいを堪能することができます。また、井戸水は数百年という年月をかけて武蔵野から鶯谷まで到達している水脈から汲み上げており、地下80mの地点から採水しています。
「豆富料理 笹乃雪」には、落ち着いた雰囲気が感じられる個室もありますし庭が見渡せる客室もあります。客室は椅子席になっているので、膝を曲げるのが辛いといった方にも最適です。それからテーブル席もあるので、少人数から大人数まで幅広く対応できます。舞台付きの広間もあり、日舞や能にも使用できる可変舞台付きの大広間になっています。舞台付きの広間は、40人から100人まで対応することができるようになっています。
店内には鶯谷エリアに縁のある文人墨客の絵画や書が掛けられており、文化や歴史の香りを感じさせてくれます。

「坂之上の雲」の舞台になった店

鶯谷にある「豆富料理 笹乃雪」は、司馬遼太郎の歴史小説「坂之上の雲」の舞台になったことでも知られています。「坂之上の雲」は明治時代の日本を描いた作品です。明治維新を成功させて近代国家として歩み出し、日清戦争などの苦難を乗り越えて日露戦争において巨大帝国であったロシアに勝利するまでが描かれました。司馬遼太郎は日本を代表する歴史小説家で、直木賞を受賞したこともあります。1996年に亡くなっていますが現在でも高い人気を誇っており、数多くある作品の中でも代表的な作品です。NHKの特別テレビドラマとして映像化されたこともあります。
「坂之上の雲」の登場人物の一人である正岡子規は、日本の俳人としても有名な実在する人物です。俳句や短歌、小説などを次々と発表し日本の近代文学に多大な影響を与えたと言われています。その正岡子規が愛した料理屋が「豆富料理 笹乃雪」でした。正岡子規は結核を患っており、晩年をこの地域で過ごしたことが分かっています。「坂之上の雲」では正岡子規と主人公である秋山真之・好古兄弟との交流も描かれました。秋山真之は少年時代は手が付けられない悪童でしたが、海軍に入り日清戦争や日露戦争に従事します。日露戦争では自ら考えだした戦法によって、巨大帝国ロシアの艦隊を打ち破りました。
また、赤穂浪士が討ち入りをして主君の仇を果たした際に、預けられていた大名屋敷に「豆富料理 笹乃雪」の豆腐が届けられたという逸話も残されています。赤穂浪士の一人に思いを寄せていた娘の心遣いだったそうです。赤穂浪士が最後に口にしたのは、この豆腐だったかもしれません。

豆腐づくしのコースを堪能しよう

「豆富料理 笹乃雪」では、豆腐づくしの懐石料理のコースが人気です。いくつかのコースが用意されているので、好みに合わせて選ぶことが出来ます。豆腐の風味を味わえる料理が揃っており、宴会などの席にもぴったりです。
コース料理の内容はコースによって違いますが、前菜・生盛膾(白酢あえ)・冷奴・あんかけ豆腐・ごま豆腐・揚げ物・雲水・うずみ豆腐(豆腐茶漬け)・デザートなどがあります。生盛膾(白酢あえ)は季節の食材を豆腐白酢に混ぜたものです。あんかけ豆腐は笹乃雪・の代表的な料理で、創業当時から人気のメニューと言われています。雲水は季節の7種類の食材を豆乳で蒸しあげた料理です。ごま豆腐はごまの風味と滑らかな舌触りが魅力の逸品で、女性に人気があります。デザートも最高級のジェラートに豆腐を練り込んだものです。後を引かない上品な甘味が特徴で、酸味のある梅ジャムが添えられています。
それからコース料理だけではなく、一品料理も用意されています。一品料理には、かけ醤油豆腐・飛龍頭・湯葉刺身などがあります。かけ醤油豆腐は生醤油の風味を生かした江戸料理で、シイタケや鶏肉が組み合わされています。飛龍頭はフワフワの生地が特徴の料理で、銀あんが生地に絶妙にマッチします。湯葉刺身には風味豊かな一番湯葉が使われており、わさび醤油で食べるようになっています。
ビールや焼酎、日本酒などのアルコール類もありますし、オレンジジュースやサイダーといったソフトドリンクも用意されています。記念日などにお祝いとして懐石料理を堪能するのにも最適です。個室でコース料理を堪能しながら寛ぐことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする